追加されたTwitterの新機能「フリート」

皆様こんにちは、沼田です。

今回は良くも悪くも話題になっている11/11から追加されたTwitterの新機能「フリート」についてお話したいと思います。

 

「フリート」とは?

 

フリート(Fleet)は通常のツイートを違い、投稿されてから24時間が

経過すると消えるという機能です。

フォロワーがフリートするとタイムライン画面の上部に表示されるように

なっています。

Instagramをお使いの方はストーリーのTwitter版と言えばわかりやすいかと

思います。私自身はInstagramを使っていないのでいまいちピンと

きていませんでした。

 

「フリート」の特徴

「フリート」には以下のような特徴があります。

・24時間で投稿が自動消去される。
・テキスト、写真、動画で投稿できる。
・投稿は自動消去されるがツイートはできる。
・フリートへの返信はDMで届く(投稿者がDMを開放している場合のみ)
・足あと機能(閲覧履歴)がある

こうしてみると今までのTwitterとはかなり違う仕様となっています。

特に足あと機能は今までのTwitterにはなかった機能なので、

例え未公開アカウントでフリートを見に行ったとしても、

アカウントの足あとが残ってしまいます。

mixiにはこの機能があり、知り合いが見に来ていたのをチェックで

きたりだとか、色々と使えて便利だったのですが、この機能を

嫌っている人もおり、この事で賛否両論が分かれているようです。

 

「フリート」の使い道

さて、実際この「フリート」機能は何に使えば良いのでしょうか?

私は投稿したものを残しておいて、後で「あぁ~そういえばこんなことが

あったなぁ」とノスタルジーに浸るタイプなので、なかなか良い使い道が

思い浮かばなかったのですが、

・開催日が限られているイベント告知
・簡易的なメンテナンスの告知
・飲食店などで当日限りのメニューを載せる
etc

人に寄っては面白い使い方をされているようで、これからも色々と

開拓されていくのではないかと思います。

なお、公式では

・目の前のできごとやその時の気持ちを伝える手段
・個人的で気取らない感情、意見、感じたことなどを共有しやすく

と謳っており、より「つぶやき」に近い形で投稿しやすくするのが

目的なようで、「フリート」のほうがTwitter上での会話が多くなった

とのテスト結果が出ているとのことです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

現状まだまだ未開拓な機能ですが、使い方次第では、面白い機能に

なるのではないかと思います。

ぜひ皆さんも「いいね」を気にせず、好きな時に好きなフリートしてみては

どうでしょう?

ただし、24時間で消えるからと言って、公序良俗に反するような内容は

投稿しないようお気を付けください。

それでは今回のこれにて失礼致します。

コメントを残す

名称 *
メールアドレス *
ウェブサイト