【サポーターズトピックス】Intel Core m3搭載Surface Goが開発中との噂が

 

お客様の『IT担当』として不動産業界を中心に様々な企業で日々活躍する”ITサポーターズ”
そんな私達が注目したIT業界・不動産業界の最新トピック・話題のネタをご紹介します。
新たなIT活用法や業務改善に繋がる”ヒント”も見つかるかも?(不定期更新)


マイクロソフトのSurfaceラインナップで最も安く、そして最もコンパクトなSurface GoはIntel Pentium Goldプロセッサが採用されています。 しかしPentiumプロセッサは色々なことをやりたい人にとって、少しパワー不足といえます。

そこでマイクロソフトはPentium Goldプロセッサの代わりにIntel Core m3を搭載した新しいSurface Goを開発しているものと思われます。

Geekbench に登場したモデル名OEMTX Product Name EV1と呼ばれる製品は、Geekbenchのリストで確認されています。 OEMTX-EV1はSurface Goで使われていたモデル名なので、新しいCore m3 搭載モデルが開発されている可能性があります。

 

サポーターズ所感


私も使っているsurface Goですが、面白い噂を見つけたのでトピックスに上げさせてもらいました。

現在のsurface Goはラインナップが二つあり、CPUがPentium Gold4415Y メモリが4GB,eMMC64GBのモデルとCPUが同じでメモリ8GB SSD128GBのモデルになります。

私が使用しているのはメモリ8GBのモデルですが、メモリ、SSDのスペックに対しCPUの性能に若干不満がありました。

この噂が本当であれば、よりsurface Goの価値が上がる可能性あるかもしれませんね

ちなみにsurface Goのインプレッション記事は次回書かせて頂こうと思います

(ITサポーターズ:和地)

コメントを残す

名称 *
メールアドレス *
ウェブサイト