AMDの新CPU「Ryzen」について

こんにちは、佐々木です。

今回はCPU “Ryzen”のお話です。

その前にCPUとは何ぞや?という方もおられるかもしれませんので

まずは簡単にご説明だけ。

CPUとは、”セントラル・プロセッシング・ユニット”の略であり、制御・演算処理を

担当しているパーツであり、PCの頭脳にあたるものです。

そのためPCの性能はCPUの性能に大きく依存しております。

CPUの代表的なメーカーですがこれには2つあり、1つは皆さんご存じ“intel”

もう1つを”AMD”といいます。

2大メーカーではあるのですが、市場的には大部分のシェアをintelが占めており

ほぼ独占しているといっていいかもしれません。

そんな背景もあってかintelの新CPUの発表ではほぼ性能の微増にとどまっており

価格的にも大きな変化はありませんでした。

(というか徐々に高くなっているような・・・)

ところが、先月AMDは新シリーズ”Ryzen”を発表しました。

なんとこのシリーズ、intel半額以下の価格で同等以上の性能が見込めるということで

自作PCユーザー界で大きな話題になっておりました。

自作しないユーザーにとっては今回のニュースは関係ないと思われるかもしれませんが、

これを受けインテルは現行のcore iシリーズCPUで値下げを敢行しております。

これにより今後PCの購入を検討されている方は、高性能なPCをより安価で購入

できるようになると思われます。

市場の活性化ですね。

今後も2大メーカーの競争による発展を期待したいと思います。

それでは今回はこのあたりで失礼いたします。

 

コメントを残す

名称 *
メールアドレス *
ウェブサイト