システム管理者必見!Windows7の隠し機能”GodMode”

こんにちは、神代です。
今回はWindows7の隠し機能である”GodMode”について紹介します。
まずは”GodMode”とはどんなものかというと、
コントロールパネルにあるような設定項目を一覧表示できる機能
になります。
実際に画面を見た方が分かり易いと思いますので、早速GodModeの設定方法を紹介します。
設定といっても作業はかなり簡単です。
1.任意の場所に新規フォルダを作成する。
GodMode_1.JPG
2.作成したフォルダのフォルダ名を
 GodMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C} 
 に変更する。
GodMode_2.jpg GodMode_3.jpg
3.フォルダ名を確定するとアイコンが自動で変わる。
GodMode_4.JPG
4.GodModeをダブルクリックすると下図のような画面が表示される。
 GodModeで見れる設定項目数は278項目!!
GodMode_5.jpg
5.設定は以上で完了になります。
またGodModeに表示された項目はショートカットとして任意の場所に表示することも可能です!
使用頻度が高い設定はデスクトップなどに表示すると便利だと思います。
方法は簡単で、対象の項目を右クリックして「ショートカットの作成」をクリックします。
GodMode_6.jpg
デスクトップにショートカットが作成されます。
GodMode_7.JPG
作成したショートカットを開いてみると、下図のように設定画面が表示されます。
GodMode_8.jpg
または対象項目を表示したい場所に、ドラッグアンドドロップすることでショートカットの作成が可能です。
今回は「ネットワークに接続」という項目のショートカットを作成してみます。
GodMode_9.jpg
下図のようなショートカットが作成されました。
GodMode_10.jpg
”GodMode”という名前は少々大袈裟ですが、上で紹介した通り
・一覧表示されることによる検索性の向上。
・使用頻度の高い設定項目のショートカットの作成が可能。
であることがGodModeの利点です。
「あの設定ってどの項目にあるんだっけなー」
とか
「この設定画面、一発で表示できるようにならんのかね」
とかとか。
システム管理者ではなくとも、こんな風に思う事ってありますよね。
そんな悩みを解決できる。
そう、”GodMode”ならね。
ただし隠し機能であるため、動作が保障されているものではありません。
GodModeを使う際は自己責任でお願いします。
以上 ”GodMode” の紹介でした!

コメントを残す

名称 *
メールアドレス *
ウェブサイト